ルナメアAC 使い方

ルナメアACの使い方は?順番は?どこよりもわかりやすく徹底解説!

ルナメアAC 使い方

 

 

大人ニキビ用のスキンケアとして富士フィルムから発売されているルナメアAC。独自のアプローチにより、大人ニキビを予防してツルツルなめらかな肌を実感できると口コミでも人気沸騰の話題のスキンケアです。

 

そんなルナメアACの洗顔フォームの上手な泡だて方、化粧水の使い方を覚えて効果を倍増させる方法、伸びが抜群のジェルクリーム、それぞれの使い方や順番をどこよりもわかりやすく徹底解説しています!

 

 

 

ルナメアAC《洗顔フォーム》の使い方は?泡立ちがハンパない!?

 

 

「ルナメアACの洗顔フォームの泡立ちはハンパない!」って、聞いていたんですけど、実際トライアルキットを購入して泡立ててみると「あれ??思ったより泡立ってくれない?」というかなんか泡が柔らかすぎるような…トライアルキットを購入する前に調べた口コミでは泡立ちの評価はすごく良かったんですけどね。

 

 

「ん?誇大広告なの!?」

 

 

おかしいなって思ってルナメアACのHPを確認したら、どうやら私の泡立て方が間違っていたみたい笑 正しい方法で泡立てたら「泡立ちがハンパない!」本当、一瞬でも誇大広告なんて疑ってしまってごめんなさい…

 

 

 

ルナメアacの洗顔フォームの上手な泡立て方は?

 

 

でも、言い訳じゃないですけど私みたいに泡立ちが上手くいかなかった人っていると思うんですよね。だから私でも上手くいった「正しい泡立て方」をお伝えします。

 

 

  1. まず、泡立てネットを水でぬらしてから、泡立てネットの水をよく切ります。泡立てネットが濡れすぎていると泡が緩くてボソボソに。だからこの時点でしっかり水を切っておいてくださいね。
  2. ファイバーフォームを2〜3cm、泡立てネットに出します。
  3. ファイバーフォームを包むように泡立てネットを折りたたんで、ネットを揉んだり擦って泡を立てていきます。この時水が足りないように感じますが水を足さないでくださいね。水を足すと泡が柔らかくなってしまいます。
  4. ネットについている泡を搾り取ってください。親指と人指し指でネットを挟んで絞っていくとモッチモチの濃厚な泡がたくさんとれますよ。こんな感じで。

 

 

 

 

私の場合、水が多すぎたのが失敗の原因だったみたいで、弾力のないボソボソですぐにへたってしまう泡になってしまいました。「ポイントは水を極力減らすこと。」泡立てている間は「本当に水を足さなくてもいいの?」っていうくらい泡立ちを感じませんけど、でもネットを絞るとすっごい濃厚な泡が出てくるから安心してください!

 

 

 

どういう洗顔をすれば効果的なの?

 

 

お肌にとって「優しい洗顔」ってなんだと思います?擦らずに時間をかけてゆっくり洗顔する?と思っているなら間違いで、

 

 

「短時間で効率良く汚れを落とす!」

 

 

ってことなんですね。ニキビの原因は乾燥。洗顔に時間をかけすぎるとお肌の「潤い成分」を奪って乾燥を招いてしまうから良くないんですね。丁寧にゆっくり洗顔しすぎて、泡を洗い流したあとお肌がカピカピになってることってありますもんね。たから時間をかけずに効率良く洗顔するには弾力のある泡の存在が不可欠。「細かくて弾力のある泡」は毛穴の中に素早く入り込めるから効率良く短時間で汚れをかき出すことができるんですね。

 

 

「弾力のある泡を円を描くようにクルクルと顔に滑らせ泡をサッと洗い流してしまう!」

 

 

このシンプルな方法がお肌の潤いを奪いすぎず毛穴をきれいに掃除してくれる「効果的でお肌に優しい洗顔」なんです。ルナメアACの洗顔料は超濃厚な細かい泡ができるし弾力もすごい。この洗顔フォームだと簡単にできちゃうのが嬉しいです。

 

短時間で効果的に汚れを落とせるようにしっかり設計されている洗顔料なんだなって改めて感心しちゃいました。実際この洗顔フォームで顔を洗うとちょっと顔色が明るくなってる気がするんですよね。多分毛穴の汚れがとれているせい。細かい濃密な泡だと時間をかけて洗顔しなくても毛穴の汚れをちゃんと落としてくれるんですね。

 

このことについては、ファイバーフォームを使った多くの人が同じ評価をしているので、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

ルナメアAC《化粧水》の使い方は?コツを知って効果倍増!

 

 

スキンコンディショナーのつけ方もちょっとしたコツが必要になります。バシャバシャと浴びるようにつけるのではなく、優しくゆっくりとハンドプレスするようにつけると、化粧水のなじみが良くなって浸透力も上がります。

 

ルナメアACの化粧水はコットンではなく手でつけるタイプなので、つける直前には手を温めておいたり、ハンドケアをして柔らかい手のひらをキープしておくと、さらに浸透力がアップしますよ!

 

ルナメアACの化粧水は、ニキビ予防に効果的な成分+うるおい成分もしっかり配合されていますので、乾燥によるニキビにもばっちり効果が期待できますね!

 

 

 

ルナメアACの化粧水「しっとり」「ノーマル」の違いは?

 

 

ルナメアACの公式サイトによると、肌質により「しっとり」「ノーマル」を使い分けることをおススメしていますね。

 

 

  • 「ノーマル」…普通肌〜やや乾燥肌の方
  • 「しっとり」…乾燥肌の方

 

 

このような肌タイプで使うよう推奨されています。もし、ご自身の肌質がイマイチわからない場合は、下のURLから肌質チェックが出来ますので、ぜひ参考になさってくださいね。自分では脂性肌だと思っていても、意外と乾燥肌という結果だったりして驚きますよ。

 

>>>こちらからどうぞ

 

 

ちなみに、この2つの成分の違いを簡単に言ってしまうと、

 

 

「ヒアルロン酸が配合されているかどうか」

 

 

ノーマルタイプにはヒアルロン酸は配合されていませんし、しっとりタイプには、成分表示では上の方にヒアルロン酸が記載されているので、保湿重視なのがよくわかります。なので、しっとりタイプは乾燥肌向きというわけですね。

 

 

 

 

ルナメアAC《ジェルクリーム》の使い方は?伸びは抜群!

 

 

ルナメアACのジェルクリームの特徴は、なんといってもそのテクスチャです。その名の通り、ジェル+クリームって感じですね!少量を手にとってみると、するっとなめらかな感触で、乾燥肌の方には少し物足りない?ってくらい軽めの印象です。しかし、頬にのせて伸ばしてみると

 

 

「お?…おお?気持ちいいくらいの伸びの良さ!」

 

 

のせた瞬間はみずみずしい感じだったのですが、伸ばしていくと浸透しながら薄いベールをかけていっている感じ。被膜感は感じるのに、しっかり浸透している感覚もあるのです。

 

 

 

ジェルクリームは乾燥肌でも保湿は足りる?

 

 

時間がたつと被膜感はそこまで感じなくなりますが、一晩たっても乾燥は感じませんでした。ベタつかないのに、次の日の朝もしっとり柔らかで、個人的にはかなりの高評価です。わたしは結構な乾燥肌なんですが、このジェルクリームを使いはじめてから、乾燥で悩むことはなくなりましたよ。

 

 

「【乾燥は気になるけどベタつくのは嫌】 という方にはぜひオススメしたいですね!」

 

 

乾燥しているかどうかも個人の感じ方に差があると思うので、実際に、ルナメアACジェルクリームを試してみる価値はあると思いますよ。

 

 

 

 

まとめ

 

 

クレンジングに関しては、個人的にはミルククレンジングであれば、そこまで気にする必要はないと思っていますが、そのあとは、この「ルナメアACのライン使いがオススメ」です。

 

この使い方の順番は、ファイバーフォームのスクラブで毛穴の汚れを吸着し、スキンコンディショナーのアクネシューターで有効成分を必要な箇所に届け、ジェルクリームでしっかりふたをし乾燥から肌を守る、シンプルだけどニキビに負担をかけず効果的に働きかけてくれます。

 

このライン使いをトライアルセットで試すことができるので、しっかり正しい使い方を覚えて効果を実感しニキビのない肌を取り戻してほしいなと思います。

 

 

 

 

page top